014560

グルメな掲示板

グルメな掲示板です。主に、コンテンツ制作者が行ったレストランの事、飲んだワインやその他の酒、吸ったシガーについての書き込みをしていきますが、他の方も「こんなものがあったよ、こんなお店があるよ。」と言う方がいらっしゃったら、書き込み、お願いします。なお、今晩のおかずなどでもOK。ただし、グルメが主体の記事であることが条件で、宣伝的内容は禁止します。
また、グルメ関係と無関係若しくは、関連性が乏しいと思える投稿は管理人の判断で削除若しくは無関係と思えし部分のみを改変します。


[トップに戻る] [エピキュリアン誌] [過去ログ] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

金沢レストラン紀行 1日目 投稿者:Sivaji 投稿日:2007/05/07(Mon) 08:05 No.1  
独自ドメインに移転&CGIを切り替えてからの初めての記事は、4月中旬に行った北陸は金沢のレストラン紀行から。
尚、このCGI,スパム対応できているので、投稿パスワードはありません。皆様も奮って、投稿下さい。(宣伝は禁止。)




金沢レストラン紀行 1日目 Sivaji - 2007/05/07(Mon) 08:07 No.2   HomePage

エディーさんと金沢に食い歩きに金沢へ。
道中はエディーさんの爆走 BMW 8シリーズが火を噴きました。巡航速度 100Km 超え?
しかし、車のおかげかそれほど体感スピードはありませんでした。

さて、まずは初日から今回のメインとなる金沢でも有数のお寿司屋さん乙女寿司さんへ。
本当は翌日に行きたかったけど予約が取れず、初日にもって来ました。

乙女寿司さんのある場所は、お世辞にも品格がありそうな場所ではなく、
ごちゃごちゃした一角の奥まった所にあるのですが、狭い路地の奥に入り、
まず飛び込んでくる庭を見て『いいお店だな。』と期待が高まりました。

店内も清潔で、木製のネタケースには魅力的な食材が並んでいます。
そう品目は多くはないが、地のものがたくさん。写真撮影の許可を求め、許可を得てから戦闘開始。
ただし、品数が多く、全てのネタの写真を撮影するのは他のお客様に迷惑なので、
めぼしいものしか撮影していません。

まずは、軽くビールから始めました。
盛り付けは基本的に皿を使わず、磨かれたカウンターの台に置かれます。

【カレイと生のトリガイの造り】
カレイは身が引き締まり清々しく、生のトリガイは磯の香り、歯ごたえ、共に至高の一品。
この芳醇な香りは生のアワビなどでは太刀打ちできない。

【サヨリの造り】
あまり青物としては寿司ネタでも食べないサヨリですが、ネタ自体が大きく風味豊かでサヨリも美味しいものだと再認識。
このサヨリは山葵醤油の他に生姜醤油でも頂きました。青物だけに生姜醤油の方に軍配。
尚、これは撮影していません。

ビールの途中ながら日本酒を
酒は宗玄と言うものを。まあそれほど強くも無く、それでいて弱くも無く、
ボディーは中庸なのでスターターとしては適しています。

【別皿で出てきた赤イカの造り】
細かく包丁が入っておりゴマが振られています。身が甘く、ゴマの香りが効いていて、
隠し包丁のおかげか口のなかでハラリと崩れて行きます。

【アラ、赤貝の造り】
アラは福岡などではハタ科の魚であるクエですが、こちらではスズキの仲間でまったく別の白身になる北陸の名産です。
大振りな魚なので脂の乗りは良く、身は引き締まり、クエとは違った楽しみがあります。
赤貝は金沢では 4月の中旬から終わりにかけてが旬だそうで、この時期にしか出されないとか。
トリガイほどの風味は無いものの、赤貝には赤貝の良さがあります。

【ガスエビ、バイガイの造り】
これも北陸の名産。甘エビより甘みは少ないものの、身がしっかりしており、
そう言う意味でクルマエビと甘エビの中間より少し甘エビよりと感じるエビです。サイズ的にもボタンエビクラス。
バイガイはコリコリした食感が楽しい。尚、これも撮影していません。

【焼ハマグリ】
巨大なハマグリの登場です。短径が普通のハマグリの長径程はある大振りなハマグリ。
身も分厚く、コライユもアワビのような色合いで量も相当入っています。
レアに焼かれた蛤の身はジューシーで香りも芳醇。あふれ出ているジュはまさにコハク酸の旨味が満載。
コライユは濃厚極まりなく、アワビの肝に近い風味があります。

【ハタの焼き物】
焼き物はハタ。何にしても美味しい魚。炭焼きなので香ばしく身もしっとりしています。

【アサリの茶碗蒸し】
出汁を控え、アサリの風味を生かした茶碗蒸し。優しい味わい。アサリの塩味が効いている。


酒は宗玄を 3合飲んだ後、白山と言うものに。宗玄よりは濃い味。


酒のあては以上だったと思います。で、ここから握ってもらいました。
ただし、握りはそれほど撮影していません。
また、出てきた順番どおりではなく、インパクトの高かったものや、鮮明に記憶しているものから記載しています。


【コハダ握り】
今迄で一番美味しいコハダです。締め具合、香り、抜群。
江戸前寿司で珍重されているのが良くわかる。

【ウニの握り】
海苔で軍艦に巻かないからウニの香りがストレートに味わえる。
握るのは大変だろうけど、ウニは海苔無しの方が絶対に美味しい。
東京の有名な寿司屋さんでは海苔の香りはウニには合わないとかでキュウリの薄切りで巻くという話を聞いたこともあるが、
個人的には何も使わず酢飯とウニだけで勝負して欲しいと思う。

【アジ握り】
エディーさんお気に入りのアジ。たしかに鮮烈。

【タイの昆布じめ】
旨味が凝縮され、さらに昆布の風味が上乗せされた握り。

【トロ】
脂の乗り具合とマグロ独特の香りのバランスが素晴らしい。
ネタの厚さと酢飯の大きさのバランスも見事。

【ネギトロ】
ネギトロはマグロのカマからスプーンで身をこそげ取って、みじん切りにしたネギと合わせ巻いた物。
普通にトロを微塵にしたものより味が濃厚。旨味が強い。ネギも切りたてで鮮烈。

【エビ】
大ぶりなクルマエビを茹でたもの。身もしっかりしているし甘みもある。
食べ応えも十分。

【アラ】
造りでも出たアラ。握りでも美味さは変わらない。

【赤イカ】
刺身以上に細かに包丁が入れられている。酢飯と食べたときの食感を考慮されてのこと。
技術もさることながら、この一手間。心遣いが職人魂と言えよう。
身も甘く、寿司飯とあわせて、また引き立つ。

【アナゴ(塩)】
蒸したアナゴを塩で食べる。トロけるアナゴ。塩なのでアッサリしている。
銀座の久兵衛でもこれを出すらしい。
が、個人的にはタレの方が好みだ。

【ウナキュウ巻き】
焼いた鰻とキュウリ。アナゴとキュウリは良くあるが、ウナギとも良くあう。

【ズケ】
即席?のズケ。でもしっかりと風味が出ている。マグロ特有の酸味が利いている。


酒は途中から菊姫のBY大吟醸、そして、何か変わったものはありますかと尋ね、
出して頂いたのが、菊姫純米古酒原酒 9年物。

BY大吟醸はコク、香りとも高級な大吟醸。
古酒は吟醸香は無いものの、こなれた酒。独特の風味がある。

総じてハイレベル。酒の種類も豊富だし価格帯も押さえてあるのは良心的。
ネタの数は決して多くはない。地のものを中心にしているためだろう。
なので早めに行かないとネタが無くなってしまう可能性があるのはネックだ。
また店は大きくないため、入り口で立って待つお客さんが出てくると、すこし長居し辛くなくのは残念な所。

ただし、それを割り引いても足を運ぶ価値のあるお寿司屋さんだと思います。
価格的にも、二人で大量に食べて飲んで¥48000。
納得の価格でした。
金沢に来た時には必ず来たくなるし、ここに食べに来るだけのためにも、金沢に足を伸ばしたくなるお店でした。

食後はパブ 倫敦屋酒場に。
ここはシングルモルトも豊富に揃えてあるお店です。
スモークサーモン、生ハム、フライドチキン、ピザを食べ、
ビールとキールロワイヤルを飲んで小腹を埋めてから、バーに。

バー コントワールではパンチパンチを吸いながら、アレキサンダー、ラスティーネイル、シャルトリューズを。
エディーさんが頼んだ、マッカランの樽に蜂蜜とマッカランを寝かして出来たリキュールを一杯頂きましたが、
これはすばらしかった。(名前忘れてしまった。)

変わった酒は、それほど多くはないが、自家製スモークや小さめのシガーも置いている、なかなか優れたバーだった。

しめはトンコツ風味のラーメン屋で。
初日はとても満足でした。



Re: 金沢レストラン紀行 1日目 Sivaji - 2007/05/24(Thu) 21:23 No.25   HomePage

マッカランのリキュール。
アンバーでした。
下記アドレスに詳細。(ホームマーク)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso

edit by SINFONIA の世界