012445

グルメな掲示板

グルメな掲示板です。主に、コンテンツ制作者が行ったレストランの事、飲んだワインやその他の酒、吸ったシガーについての書き込みをしていきますが、他の方も「こんなものがあったよ、こんなお店があるよ。」と言う方がいらっしゃったら、書き込み、お願いします。なお、今晩のおかずなどでもOK。ただし、グルメが主体の記事であることが条件で、宣伝的内容は禁止します。
また、グルメ関係と無関係若しくは、関連性が乏しいと思える投稿は管理人の判断で削除若しくは無関係と思えし部分のみを改変します。


[トップに戻る] [エピキュリアン誌] [過去ログ] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

忘年会にレッチョに 投稿者:Sivaji 投稿日:2010/02/07(Sun) 13:51 No.750  

昨年末、家族で忘年会がわりにカサレッチョへ。
あいも変わらずミモザでスタート。
最初は前菜盛り合わせを。
特筆するべきは写真左上の生ハムのムース。
これに触発され、正月にハムのムースを作りました。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:51 No.751  

定番の生ハムとモッツァレラ。
この少し前にボンルパでブファラーのモッツァレラを買い、食べましたが、
ここのには遠く及ばない。
白はヴェルデッキオを。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:51 No.752  

私の好物のソモン。これも殆どオーダーする代物。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:52 No.753  

パスタはトリュフのリゾット。これも最近は定番です。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:52 No.754  

父が必ずオーダーするブラックタイガーのガーリック焼き。
ここまでをヴェルデッキオで。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:52 No.755  

前回食べた三種のミンチのラビオリはありませんでしたが、同じように三種のミンチを用いたリガトーニを。
ラビオリほどの感動は無いものの、これも美味しい。
赤は忘年会と言うこともあり、久しぶりにガティナラを。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:53 No.756  

肉料理は自家製ソーセージのソテーとレンズマメの煮込み。
イタリアではクリスマスにこれを食べるのだとか。
レンズマメの煮込みがソース代わりになり、美味しい。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:53 No.757  

肉料理を追加で。
仔羊のカツレツ、ゴルゴンゾーラ風。
ガティナラは大分熟成が進んできて、少しチーズの風味に負けるものの快適。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:53 No.758  

デザートを。



Re: 忘年会にレッチョに Sivaji - 2010/02/07(Sun) 13:53 No.759  

もう一つデザート。
去年一年は、レッチョに一番伺いました。あとは焼き鳥よしとさん。
最近は不景気のせいか、エノテカ・イゾラベッラや、つたやさんには行けません。
自前で行ったカネトンとCasa-M、春先の味舌さん、夏場のブルディガラ程度でした。
今年はいいところに行けるといいのですが、おそらく厳しいと思われます。



年末商戦の合間にレッチョへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2010/01/17(Sun) 14:22 No.741  

昨年末の年末商戦の合間に、エディーさんとレッチョへ。
あいも変わらずミモザでスタート。
まずは前菜盛り合わせ。
今回は、シューフリゼの煮たもの?があり、これがヒット。
豆の煮込みなどと共に。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:24 No.742  

ついで定番の生ハムとモッツァレラ。
白ワインも定番のウマニ・ロンキのカサル・ディ・セッラ ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ・クラッシコ・スペリオーレ。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:24 No.743  

これも定番のサーモンのマリネ。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:25 No.745  

今回、ファブリッツィオさんお奨めのラビオリ。
中身は羊、豚、牛のミンチ。この配合が絶妙で、羊の香り、牛の旨味を豚が見事につなげている。
これには赤ワインが欲しくなり、ネロダボーラを。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:25 No.746  

ジャガイモのニョッキのチーズ風味とでもいうべきもの。
ジャガイモのニョッキはどっしりしていて、チーズのソースとよくあいます。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:26 No.747  

メインは仔羊脛肉の煮込み。オーソブッコの仔羊版と言った感じ。
素朴ながら美味しい一品。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:26 No.748  

赤が残っていたので、もう一品、メインでトリッパを。



Re: 年末商戦の合間にレッチョへ Sivaji - 2010/01/17(Sun) 14:26 No.749  

デザートもオーダー。

食後は帰宅してシガーとシングルモルトなどを。



悲しい出来事の後で 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/12/29(Tue) 09:49 No.737  

12月の初旬。愛猫が亡くなりました。
とくに可愛がっていた母が落胆しており、父が気をつかって食事にでもと言うことで、焼き鳥よしとさんへ。

刺身は白肝はなかったのですが、ささみ、ズリとそしてこの巨大な心臓が。
かなり大きな鶏のものでしょう。
歯ごたえがよく、臭みが全くありません。



Re: 悲しい出来事の後で Sivaji - 2009/12/29(Tue) 09:49 No.738  

ホーデンも予約してなかったのですが、見事なものが。



Re: 悲しい出来事の後で Sivaji - 2009/12/29(Tue) 09:51 No.739  

冬場は白肝がなかなか無いのですが、代わりにこの、鴨ネギポンズが楽しめます。
鶏胸肉のタタキも捨てがたいのですが、両方食べると焼き鳥が食べられなくなる分量なので、冬場はやはりこちらに。
鴨の脂身をポンズとネギ、大葉で爽やかに楽しめます。
尚、この残ったポンズに焼き鳥の皮やネック、三角を付けて食べても楽しめます。



Re: 悲しい出来事の後で Sivaji - 2009/12/29(Tue) 09:54 No.740  

食後は途中から合流したエディーさんと、バー・リバーへ。
近隣ではかなりのレベルのバー。
特に今回、カクテルでグラスホッパーのペパーミントリキュールの代わりにフォションのダージリンのリキュールを使ったものが秀逸。
ウィスキーもめったに見かけないものが複数あり、ラムもマルチニックのトロワリビエールで酒倉が燃える以前のものがあったり楽しめる上、値付けも安いのでありがたい。
ふたりで相当飲んで¥12000。
今回、レストラン案内での評価を上げさせていただきました。

悲しいことの後でしたが、少し、楽になった気分でした。



母の手料理 中華 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/12/13(Sun) 12:54 No.731  

9月の話ですが、久しぶりに、母の手料理中華を食べさせてもらいました。
学生の頃はよく食べさせてもらっていたのですが、一人暮らしをして早、20年強。機会は減りました。

まずはピータンのサラダ。
私はピータンは余り好きでないので、これが好物の父にあげました。



Re: 母の手料理 中華 Sivaji - 2009/12/13(Sun) 12:55 No.732  

中華風の造りです。
普段、あまり生魚を食べる機会がないだろうと作ってくれました。
かいわれがアクセントで美味しい一品。



Re: 母の手料理 中華 Sivaji - 2009/12/13(Sun) 12:57 No.733   HomePage

蒜泥白肉。豚肉のにんにくあえ、ピリ辛ソースです。
私のレシピとは少し、母のものは違いますが。
(私のレシピはホームマークをクリックで)

これは大好物。私のレシピとの違いは、私が辣油を入れることでしょう。しかし、どちらも、美味しく食べられます。



Re: 母の手料理 中華 Sivaji - 2009/12/13(Sun) 13:03 No.734   HomePage

京都排骨、スペアリブの唐揚げにソースを絡めたものです。
北京料理です。
これは私には作れないので、母の料理でしか食べられません。
レストランでも見かけないので。
あっても、少し味が違うんですね。ある意味、この料理が私にとって、おふくろの味なのかもしれません。

これだけを死ぬほど食べたいのですが、5本くらいしか当たりませんでした。4人で分けるので仕方ないのですが。

漬けタレに漬けて揚げて、ソースと絡めるらしいのですが、正確なレシピが無いそうで、また後の洗い物を考えると、手が出しにくい、一品です。



Re: 母の手料理 中華 Sivaji - 2009/12/13(Sun) 13:04 No.735  

空芯采炒め。
箸休めです。
私が作るとタイ料理になります。
ナンプラとたっぷりのプリッキーヌ。



Re: 母の手料理 中華 Sivaji - 2009/12/13(Sun) 13:06 No.736  

最後は麻婆豆腐。
辛味もしっかりあり、これも母の得意料理。
ですので、これもレストランに行っても、四川飯店以外では食べません。
どこのも満足できない辛味の足りないものが多いので。

以上、酒は当然紹興酒。中華にはこの酒が一番です。



エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/10/25(Sun) 15:40 No.724  

今年は酷いダニアレルギーに見舞われ、9月に家を畳からフローリングにリフォームした際に、エディーさん家具の出し入れを手伝ってもらったので、お礼にカサレッチョに。
いつもどおりミモザでスタート。
今回は久しぶりにモッツァレラが売り切れなので、生ハムに添えてもらったのはプロヴォーラチーズ。軽くモッツァレラを燻製されたチーズで、これはこれでおいしい。



Re: エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ Sivaji - 2009/10/25(Sun) 15:43 No.725  

丁度ファブリッツィオさんが 8月の中旬からローマに戻って帰ってきたところだったので、牛肉の生ハム的なブリザオーラが久しぶりにあったのでオーダー。
これはここでしか食べたことがありません。
白はいつもどおりヴェルデッキオ。



Re: エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ Sivaji - 2009/10/25(Sun) 15:43 No.726  

前回も食べたトリュフのリゾットを。前回より、少し香りが弱かったけど、充分。



Re: エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ Sivaji - 2009/10/25(Sun) 15:44 No.727  

トリッパを。
赤はネロ・ダボーラ。



Re: エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ Sivaji - 2009/10/25(Sun) 15:44 No.728  

これも最近の定番、猪の煮込み。



Re: エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ Sivaji - 2009/10/25(Sun) 15:44 No.729  

ワインが残っていたので、春にお任せで作ってもらったチーズを詰めたパスタをオーダー。
今回はパッケリにリコッタなどを詰めてトマトソースと共にオーブンで焼いたもの。
少しチーズが冷たいものの、赤ワインには良くあう。
時間がかかるけど、お奨めの一品です。



Re: エディーさんへのお礼で行ったカサレッチョ Sivaji - 2009/10/25(Sun) 15:45 No.730  

食後はイタリアで買ってこられた木苺のリキュールを。

帰宅後はエディーさんの作ったモヒートを飲み、その後、シングルモルト、ラム、コニャックでシガーを



アショカとよしと 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/09/27(Sun) 08:01 No.722  
三週間ほど前。エディーさんから大阪の福島のタイ料理屋がおいしかったから行こうと誘われ出向きました。
有名なお店らしく当日予約が出来なかったため、店につくと行列が・・・。
仕方なく諦めてインド料理のアショカへ。
定番のタンロール料理を食べ、ローガンジュシュを二番目に辛い辛さで。
本当はボイルドライスで食べたいのですが、量が多すぎて残すのでガーリックナンで。
辛いもの大好きな私ですが、ナンで上から二番目の辛さを食べると辛さが引き立ってしまいました。
(単にカレーに対し何の量が少ないのと食べにくいからソースたるカレーの量が多くなるからでしょうが)

自分用の記録として、何で食べるときはもう一段解したの辛さでとしておきます。

尚、エディーさんは後日、私が推奨するイサラへも行かれ、福島の店とイサラを比べるとイサラのほうが味が全体的にライトだとのこと。

福島の店にも一度行きたいものです。



Re: アショカとよしと Sivaji - 2009/09/27(Sun) 08:04 No.723  

アショカの翌週。私のマンションの部屋のリフォームのため、家具を移動するべくエディーさんに手伝ってもらいました。
その日はよく朝早くから工事が入るので、家でおとなしくマックでも食べようと思っていたのですが、家具を移動させた他の部屋が思った以上に過密状態になり、とても食事をする場所など取れず、急遽、エディーさんとよしとへ。

幸い、肝の刺身、心臓の刺身もありました。
ただホーデンは普通サイズ。
夏が終わったので、肝の刺身もしばらくは品薄になるでしょう。
しかし、代わりに鴨が入り始めます。そちらも楽しみ。



仕事の打ち上げでレッチョへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/09/13(Sun) 13:04 No.709  

一ケ月以上前の話ですが、仕事の打ち上げにカサレッチョへ。
打ち上げに使うのは松葉寿司が多かったのですが、板長が復帰したかどうか?なので、足が遠のいています。

まずはミモザでスタート。
前菜盛り合わせから。ナスとトマトとチーズのオーブン焼きと、レンズマメの煮込み、ジャガイモのローストです。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:04 No.710  

定番の生ハム。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:05 No.711  

アンチョビとニンニクのドレッシングのサラダ。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:06 No.713  

サーモン。今回のは少し塩が強い。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:08 No.714  

同行者の強い希望だったエビのガーリック焼き。
正直冷凍のブラックタイガーなのはわかっているだけに、
私は食べたいとは思わない。
シンプルな料理は素材の力が大切。
活け車えびなら是非とも食べたいが。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:10 No.715  

ファブリッツィオ氏お奨めの黄色いトマトのペンネアラビアータ。
辛さは弱いが黄色トマトの酸味と甘みがおいしい。
ここまで白ワインはトレビアーノ・ダブルッツォで。
このペンネの途中から、いつものヴェルデッキオに。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:11 No.716  

今回見つけた素晴らしい料理。
トリュフのリゾット。香り高く、旨味もしっかりしていて、
定番になりそう。
ベスト料理候補です。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:13 No.717  

トリッパ。今回もメイン扱い。
赤はバンフィ、ブルネロ・ディ・モンタルチーノ 03をデキャンタして。
トマトソースとミントの風味のトリッパとは当然、あわない。

モンタルチーノは思った以上に熟成していた。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:14 No.718  

もっともモンタルチーノが強いと思いオーダーした仔羊。
最近よく食べているパンチェッタを巻いた仔羊のロースト。
今回も火が入りすぎていて、熟成が進んでいたモンタルチーノは仔羊の脂に負けてしまった。
このモンタルチーノなら芯だけを使った仔羊料理にするべきだろう。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:17 No.719  

猪の煮込み。これは美味しい。パスタでも楽しめるので、どちらにするか迷うところ。
ただワインとはあわなかった。もっと力強いワインをあわせるべきだった。
この料理もベスト料理に入る可能性あり。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:18 No.720  

食後酒はミルクのレモンチェロ。
なんともミルクが濃厚。アルコールも高い。
ベースがスピリタスとのこと。しかしおいしい。



Re: 仕事の打ち上げでレッチョへ Sivaji - 2009/09/13(Sun) 13:19 No.721  

食後はモヒートとシングルモルトとコニャックを。
シガーはユニコス。在庫が切れてきた・・。
 



焼き鳥よしとさんへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/08/09(Sun) 14:46 No.705  

7月の中盤によしとさんへ。
造りを全種類オーダー。この日はたまたまデジカメを持っていたので、
とくに、よしとさんでお奨めの品を撮影しました。
まずは、白肝の造り。
脂肪分が甘く、濃厚で、風味もあり素晴らしい一品。



Re: 焼き鳥よしとさんへ Sivaji - 2009/08/09(Sun) 14:47 No.706  

同じくお奨めの心臓の造り。
血抜きが完璧なので生臭みは皆無。
筋肉である心臓のコリコリした食感が楽しい。

その他の刺身はササミとズリ。
これらは定番で殆どの場合、あるので撮影はしてません。



Re: 焼き鳥よしとさんへ Sivaji - 2009/08/09(Sun) 14:47 No.707  

焼き物は、三角、心臓、ズリ、皮、ナンコツ、肝、つくね、ネギマを。
三角と皮の程よい脂、ズリとナンコツの食感。
肝の濃厚さ、どれをとっても美味しい。

そして焼きの極め付けがこれ、ホーデン。
鶏の白子です。これほど大きいものはめったに手が入りませんので、
ありがたい。
フグやタラの白子とは違った味わいながら、食感はそれらに似ています。
トロリと濃厚。
焼き鳥はもはや、よしとさん以外行こうと思いません。



Re: 焼き鳥よしとさんへ Sivaji - 2009/08/09(Sun) 14:47 No.708  

食後は、バー・リバーにてパンチパンチを吸いながら、シングルモルト、ラム、カクテルを。



家族でレッチョへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/08/02(Sun) 13:40 No.696  

まずはミモザでスタート。
前菜盛り合わせは、オムレツのようなものと玉ねぎ、クールジェットを焼いたもの。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:40 No.697  

定番の生ハム。
今回はエディーさんのところのお子さんがたくさん来ていたので、二皿オーダー。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:40 No.698  

これも定番のソモン



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:41 No.699  

アンチョビとニンニクドレッシングのサラダ。
前回のようなミスはなく快適。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:41 No.700  

前回も食べた貝類のリングイネ。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:42 No.701  

大きなスズキがあったのでスズキのローストを。
エディーさんのところの小学生のお子様は頭を美味しそうに食べてました。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:43 No.702  

ミートソース。
ワインは白はヴェルデッキオ。
赤はキャンティー。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:44 No.703  

豚のトマト煮。
ジャガイモが美味しい。
トマトソースはキャンティーとよくあう。



Re: 家族でレッチョへ Sivaji - 2009/08/02(Sun) 13:46 No.704  

パンチェッタをまいたコートダニョーのソテー。
少し、肉に火が入りすぎているのが残念。
羊の脂がついているので、キャンティーでは厳しかった。

子守をしながら食べたので、食べた気がしなかったのが残念。



久しぶりのブルディガラ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/07/19(Sun) 15:35 No.685  

ほぼ一年半ぶりのブルディガラです。オマールフェアということと、マネージャーが辞めるというので伺うことに。
しかし、マネージャーはもうすでに辞めており、残念。
ついでにエディーさんの誕生会(これも半年以上遅れていた)も兼ねていたので、ルイ・ロデレールの NVをボトルでオーダーし、乾杯!
アミューズはベーコントマトソースで食べるコロッケ。なかなか美味しい。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:35 No.686  

これはスポンサーがオーダーしたフォワグラのソテー、ポーチ・ド・エッグ添え。
試食していないので味のコメントはできません。
ソースがトリュフならフォワグラ、卵ともに相性がいいので美味しそうです。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:35 No.687  

エディーさんオーダーの前菜。オマールのタンバル。
ソースはアメリケーヌ系。
エディーさん曰く、少しエビの癖が強かったとのこと。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:36 No.688  

私の定番。ソモンティエド。しかし、少し塩が強め。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:36 No.689  

もう一品私の前菜。パテ・ド・カンパーニュ。
これはいつもどおり。
この辺から白ワインをオーダー。
オリヴィエ・ルフレーブのピュリニィーをオーダーしたら、品切れ。
で、品切れになっていたジョセフ・マトロのムルソーの方があったとか。
ワインリストが機能していないのは、この店では残念。
そのムルソーはバターの香り高く、丸みを感じ、美味しかった。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:36 No.690  

スポンサーオーダーのポワソン。オマールのガダイフ包み。
これも試食していないので味のコメントはなしで。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:37 No.691  

オマールのロースト。サマートリュフ風。
さて、期待していたブルトンオマールをお任せの料理法で、エディーさんとパルタジェでとオーダー。
しかし、ブルトンオマールが出せないとのこと。
弱いブルトンオマールがくたばっていた可能性が高いが、これで楽しみは半減。
代わりに出てきたカナダ産オマールは相当大ぶり。
ただ、味も大味で期待していたほどではない。サマートリュフのソースは、それ単体では美味しかったが、オマールのローストとのからみはそうでもない。
やはりポシェかブレゼして水分を残した状況で、このソースとあわせたかった。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:37 No.692  

エディーさんとパルタジェでオーダーした仔兎のクリームソース。
まあ季節がらラパンであることは当然。
すこし固めの兎特有の肉質だが、仔兎なので柔らかさもあり、なかなか美味しい。
これにはムルソーと、デキャンタージュした、Ch デュクリュ・ボカイユ 83を。
個人的にはクリームソースには白の方が美味しい。
とくにデュクリュはまだ果実味とタンニンが少し残っていたので、強かった。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:37 No.693  

スポンサーオーダーのバスク豚と野菜、ドライフルーツのタジン。
タジンで蒸し煮された豚。なかなか甘みがあり、これは美味しかった。
クスクスも楽しい。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:38 No.694  

エディーさんとパルタジェの仔羊のロースト。
メニューには無かったが単なるローストが食べたくてオーダー。
これは完璧な火の通しでデュクリュともよくあい、美味しかった。
デュクリュ 83 は前述したように、まだ果実味があり、タンニンも感じ、熟成感もあり、
若さと熟成感をともに楽しめる感じでさすがに美味しかった。



Re: 久しぶりのブルディガラ Sivaji - 2009/07/19(Sun) 15:38 No.695  

チーズの時に、モンテリをグラスでオーダー。
そしてコーヒーを頼んだときに、特に言っていなかったがエディーさんの誕生会ということでバースデーケーキをサービスで。
こういうところはうれしかった。
全体に、料理の完成度で首をかしげたり、ワインリストの不備、ブルトンオマールがオーダーしてからアウトであることを告げたり、システムとして不備を感じる。
六本木の店を閉めたりし、経営している会社の経営方針が変わり、売り上げ至上主義になったり、ランクの落ちる店にして行こうとしているのであれば残念でならない。
(大阪では高級店はこのような大所帯では厳しいのかもしれない)
しばらく足が遠のいていたが、同じような料理を食べるのであれば、ここ出身のシェフが居て、かつワインが格段に安い Casa M に足が向く。
次回、今回と同じような感じであれば、残念ながら評価の点数を下げざるを得ない。

食後は帰宅してシガーを。



母とレッチョ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/07/05(Sun) 14:04 No.677  

順逆ですが、先の松葉の前、5月中旬に母とカサレッチョへ。
この日、二階はオーナーのファブリッツォ氏の親族の方の誕生日パーティーで貸切だったのでカウンターで。
まずは、ミモザでスタート。
ショーケースの中に美味しそうな一品がたくさんあったので、盛り合わせでオーダー。
グラタン状のもの、トマト煮込み、グリンピースの煮込みなど。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:05 No.678  

定番の生ハムとモッツァレラ。
最近はモッツァレラが品切れになることがなくてうれしい限り。
白ワインはまずはハウスワインをグラスで。
所謂コップ酒です。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:07 No.679  

アンチョビサラダ。
無農薬無除草剤でつくられた露地栽培のルッコラ。
しかし、この日はそれを証明するものがサラダの中に。
虫の幼虫までついてました。
さすがに返品。
これは私たち常連だからよかったけど、他の人に出したら大問題なので、注意して欲しい。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:09 No.680  

パスタは貝類のリングイネ。
大きなハマグリ、ムール、アサリの旨味がしっかり麺に吸い取られて美味しい。
ファブリッツォ氏の作るパスタは絶品。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:12 No.681  

鶏のカツレツ。
今までのものと違い、チーズと生ハムが加えられている。
ただ、やはり鶏の胸肉はパサつきがちで、ソースがないので寂しい。
トマトソースでもつけた方が楽しめそう。
白はグラスのトレビアーノ・ダブルッツォに。
尚、この料理からは赤も。定番のネロ・ダボーラを。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:13 No.682  

仔羊のトロトロ煮。
これは何度か書いていますが、赤によくあい、美味しいです。
肉料理の中では最近、これが一番お気に入り。
全体的に、もう少し肉料理に力を入れて欲しい。
でないと、よい赤ワインを飲む気になれない。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:14 No.683  

サラダのお詫びか、デザートがサービスで。
パンナコッタ。



Re: 母とレッチョ Sivaji - 2009/07/05(Sun) 14:15 No.684  

もう一品。コーヒー(だったかな?)のアイスクリーム。



仕事の打ち上げに松葉寿司 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/06/28(Sun) 13:39 No.668  

仕事の打ち上げにエディーさんと松葉寿司へ。
最初はトロから。筋もなく、脂もトロける。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:39 No.669  

サバの造り
季節的に脂の乗りは少なめ。独特の風味はそれでも楽しめる。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:39 No.670  

アカガイ造り
この時期にはありそうなトリ貝がなかったので、代役。
やはり風味でトリ貝が勝る



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:40 No.671  

平目薄造り。
やはり縁側がおいしい。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:40 No.672  

鯛薄造り。
鯛も薄造りに。
板長の帰山さんがまだ復帰されないので、全体的にサービススピードが落ちているので、
いつもの松皮造りはパスで。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:40 No.673  

シマアジ造り
これも帰山さんが居れば、ちゃんと出してくれるのだが、聞かなければあることがわからなかった。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:40 No.674  

イカの黄金焼き。
終盤のつまみに。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:41 No.675  

後は、寿司を食べて終了。
板長が居ないので、ネタも少なく、魅力的なものが減ったように感じる。
季節柄なのか、たまたまなのか。
いち早い復帰を待っています。
このまま板長が戻らず、今回のような感じであれば、総合の点数を減らすことになりそうです。



Re: 仕事の打ち上げに松葉寿司 Sivaji - 2009/06/28(Sun) 13:41 No.676  

食後はシガーとシングルモルトなどを。
購入しておいたシャルトリューズ・エリクサーを。
風味が強く、アルコールが高く、雑味は少ないような感じ。
透明と聞いていたのですが、緑の色がついてました。
強い酒なのでたくさんは厳しいです。



再びエディーさんとレッチョへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/06/21(Sun) 10:22 No.661  

これも大分前の話になります。
いつもどおりミモザでスタート。
最初に、芋かかぼちゃのグラタン風のものを一品オーダー。
前菜盛り合わせなどに使われるもの。
この手のグラタン系の一品は本当においしい。



Re: 再びエディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/06/21(Sun) 10:22 No.662  

定番の生ハムとモッツァレラ。
白も定番のヴェルデッキオ。



Re: 再びエディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/06/21(Sun) 10:23 No.663  

パスタはマテ貝などの貝類のパスタ。
貝のジュをパスタが吸っておいしい。



Re: 再びエディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/06/21(Sun) 10:23 No.664  

スズキがあったので一人前(¥1800)をオーダー。
一人前にしては大きなサイズ。やはり、ここのスズキのローストは絶品。
見かけたら、絶対にオーダーするべし。



Re: 再びエディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/06/21(Sun) 10:24 No.665  

トリッパ。
これも定番。
赤も定番のネロ・ダボーラ。



Re: 再びエディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/06/21(Sun) 10:24 No.666  

仔牛があったのでレモンソースで。酸味が効いていて、トロみのあるソースはなかなか。
ただやっぱり塊のローストを食べたい。



Re: 再びエディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/06/21(Sun) 10:25 No.667  

仔羊のトロトロ煮。
樽香の効いたネロダボーラとよくあう。
この手の煮込みもなかなか美味しい。

食後はいつもどおりシガーを。



コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/06/07(Sun) 14:23 No.652  

大分前のことになります。すでにグルメレシピの方には掲載したものですが、こちらにも。

ホテルニューオタ大阪のメインダイニング、サクラでドミニク・コルビさんの下で働いていたシェフと、ソムリエさんが一緒に始めたレストラン&ワインバー。
鴨、フォワグラ料理を中心にカジュアルなフレンチが楽しめる。ワインバーも兼ねているだけあって、ワインもなかなか豊富。




関西フィルのチャイコフスキーのバイオリン協奏曲とブラームス交響曲 4番のコンサートのあと、エディーさんとどこかに食べに行こうと言う事で、Oishii!! 関西グルメ食べ歩きレビューで知って、かねてから行ってみたかっか、ル・カネトン(Le Caneton)さんへ。




Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:23 No.653  

まずはアミューズ。野菜を練りこんだグリッシーニ。プレーンは普通だが、野菜を練りこんだものは風味がしっかりしていて美味しい。この段階で期待が高まります。
食前酒はシャンパン。マグナムボトルからサービス。ひとつはコクのあるもの。もうひとつは中庸。どちらも知らないメーカーだけど美味しい。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:24 No.654  

コースもあるけど、魅力的なメニューから数種類選んで取り分けて食べることに。まずは前菜扱いで数品を選択。まずは自家製 パテ・ド・カンパーニュ(¥1050)
コクがあって、しっとりしていて美味しい。パテとしては今まで食べた中で有数。
白ワインはグラスで。私はサンセール。エディーさんはボルドーの白。共に、ソーヴィニヨン・ブラン 100。サンセールは香草の香り、固くてミネラルを感じる。ボルドーはフルーツの香りでコクがある。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:24 No.655  

次は、やはりここに来たら食べなくてはいけないフォワグラ料理から、フォワグラのテリーヌ(¥2730)を。質の良いフォワグラ。ねっとりと深みがあり、ほのかに効かされた酒の風味も上品。パリの、ラ・セールで食べたものに次ぐクラス。
ワインはここで、私が見知らぬシャルドネ。エディーさんがサンヴェラン。共に深みがありなかなか。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:24 No.656  

次は、ブーダンノワールと生ハムの春巻 林檎のピューレと(¥1890)。ブータン・ノワールの中身をパート・ブリックのような皮で巻いてある。サクサクの皮としっとりとしたブータンのコントランスが楽しい。ブータンも血の味が前面に出たものではなく、上品に仕上がっている。
ここから赤ワイン。ブルゴーニュの品揃えがなかなか良かったのでブルゴーニュから。
デュジャックのシャンボール・ミュジニ 2000 をオーダーしようとすると、オーナー・ソムリエの田代さんが、96 もありますよ。と言う事で、そちらを¥20000 でオーダー。
久しぶりに香り高いブルゴーニュ。赤い果実、フランボワーズの香り。味わいはしっかりしていて、まだまだ若い。アタックも強く、シャンボール・ミュジニーの柔らかさはあまり感じなかったが美味しい。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:25 No.657  

メイン扱いながら前菜としてオーダーした、皮パリパリの鴨ももコンフィ サラダ添え(¥2730)。これは秀逸。コンフィーとしては、今まで食べた中で一番美味しかった。他のメインと比較しても値段は安いし、絶対お奨め。パリパリの皮、塩味の効いたコンフィーは強く感じたシャンボール・ミュジニーとピッタリ。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:25 No.658  

メインとしてシャラン産仔鴨のロティ 蜂蜜エピス風味(¥3570)を。イメージは、アラン・サンドランスの鴨アピシウス。
しかし、出てきたものはジュ中心の軽めの仕上がり。肉の焼きあがりはパーフェクト。ジュも上品で美味しいが、いかんせん、塩が足りない。あとイメージしていた蜂蜜とエピスの強い味わいでなかったのも残念。肉とジュだけで食べさせる皿なので、その分、塩をしっかりして欲しかった。しかしながら、全体としては満足。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:26 No.659  

ここまで食べて、まだ食べられそうなのでスペシャリテを追加。シャラン産仔鴨とフォワグラのロティ(¥5250)。トリュフの香り高いソースと、これまたパーフェクトな火の通しの肉。フォワグラは蒸されたものだそうです。この料理も、個人的には、もう少し塩が欲しい。あと肉の料に対しソースが少し足りないのが残念ながら、肉とフォワグラを一緒に食べると素晴らしい出来ばえ。フォワグラもソースの一部と考えると納得。



Re: コンサートの後に ル・カネトン(Le Caneton) Sivaji - 2009/06/07(Sun) 14:26 No.660  

まだ食べられそうだったけど、ここまでで。コーヒーと茶菓子を頂いて終了しました。

全体にオートキュイジーヌと言える料理を、そこそこの値段で食べさせてもらえるのはうれしい。また、ワインも市価の 2倍程度と許容範囲内です。
サービスは控えめながら、しっかりしているし、充分に満足できるお店で、また、利用したいと思いました。
尚、サービス料は取らず、コペルトとして¥525 がかかりますが、アミューズ、パン、そしてミネラルウォーター代金が含まれているので、お得です。
今度は、フォワグラや鴨以外も食べてみたいと思います。




エディーさんとレッチョへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/04/12(Sun) 12:02 No.645  

一ケ月ほど前のことですが、エディーさんから急遽お誘いがありレッチョへ。
この日はカウンター。
まずは生ハムモッツァレラとミモザでスタート。



Re: エディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/04/12(Sun) 12:02 No.646  

パスタはエディーさんが久しぶりにボンゴレを食べたいと言う事で、まずそれを。
アサリの旨味が麺に吸収され本当に旨い。
これだけ旨いけど最近なかなかオーダーしなかったのは、他のパスタに魅力があるのと、
これは自宅でたまに食べるから。
白はヴェルデッキオを。



Re: エディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/04/12(Sun) 12:02 No.647  

トリュフのクリームパスタは私がオーダー。とはいえ、パルタジェしますけど。
この日のトリュフクリームパスタは、少し、クリームが少なく、油分が多かった。
もう少しクリーミーな方が好み。



Re: エディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/04/12(Sun) 12:04 No.648  

イタリア直輸の野菜のソテー。
名前は忘れましたが、トレヴィスに似た色合いで大きさがかなり大きい。
少し苦味があり、甘みとともに変わった風味。
肉厚でなかなか美味しい。



Re: エディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/04/12(Sun) 12:04 No.649  

メインが仔牛のレモン風味が品切れで、しかたなく、カチャトーラ。
悪くは無いが、特筆するものでもなし。
最近、少し、肉料理が弱い。
骨付きの仔牛のローストなどを食べたい。
赤はネロ・ダヴォーラ。少し値上がりしていた。
バニラの香りがするなかなかの赤。



Re: エディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/04/12(Sun) 12:05 No.650  

赤があまっていたのでワインにあうパスタをとオーダー。
コンキリエの中に数種類のチーズを詰めてトマトソースを加えオーブンで焼いたパスタ。
これは激ウマ。
このお店はパスタが本当に美味しい。
あとは大きな魚(スズキ、平目)のロースト。
それに比べ、少し、肉料理は寂しくなりつつある。
前菜、白にあうパスタ、魚を食べて、赤にも、赤にあうパスタと、チーズという流れが、
一番満足できる流れかも。
ただし、二人では魚は食べきれないのがネックですが。



Re: エディーさんとレッチョへ Sivaji - 2009/04/12(Sun) 12:05 No.651  

チーズケーキとノチェロにクッキーをつけて食べるデザートで終了。
二人で¥23000
コンサートの後のカネトンが¥54000 だから、半額。
(カネトンについてはここでは後日。レシピブログにはもう掲載しています。)

食後はシガーとシングルモルト、ラム、コニャックを。
かなりハードリカーを飲んでしまい、翌日は二日酔いでした。



春の味舌さんへ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/03/29(Sun) 14:12 No.627  

先日、急遽、京都に行く用事が出来たので、夕食も京都でと言う事になりました。
京都で夕食となると、まず、ここが候補に挙がる味舌さんです。
当日の予約ながら取れました。
最初は桜湯。塩漬けの桜の花びらは、少し早い、お花見気分にさせてくれます。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:13 No.628  

先付けは半生のクチコと山葵の葉。
旨味が凝縮された半生のクチコは、味舌さんでしか食べられないのでうれしい限りです。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:13 No.629  

椀はエビしんじょう。この季節、ひな祭りの後だったのでハマグリのしんじょうが出てくるかと思っていましたが、当日の予約だったせいかエビでした。まわりにはここも桜の花が。
しんじょうはエビの甘みが出ていて、固さもちょうど良く、ハラリと崩れる。
出しは上品。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:13 No.630  

造りはヒラメ、サヨリ、車海老。
車海老は軽く湯通ししてあるので、甘みが際立ちます。サヨリは繊細な味わい。鮨ネタとは少しイメージが違いました。
この日は、裏霞の生絞りがあったので、酒はこれに。この季節しかないのが残念なくらい、美味しい酒です。
同行していたエディーさんは、濃い酒が好きなのですが、これには満足していただけた模様。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:14 No.631  

飯蒸しはアナゴ鮨。当日予約だったので、表面を焼いてから蒸したアナゴです。
これもこれで、香ばしさもあり美味しい。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:14 No.632  

八寸。味舌さんに来て一番の楽しみがこれ。
焼いた帆立、あぶったカラスミ、スモークサーモンの黄身鮨。ナマコのコノワタ和えとヌタ、ノレソレです。
黄身鮨はいつもながら、卵の旨味とサーモンの脂とスモークされた香りのマッチングは美味しい。
カラスミは酒のあてに最高。そして何よりナマコのコノワタ和え。
コノワタ、クチコなどの珍味系は、本当に味舌さんの真骨頂かも。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:14 No.633  

今年も出ました。フグの白子焼き。
前回も驚愕しましたが、今回も。柴漬けをあわせる発想がすごい。
前回は 2月上旬でしたが、今回は 3月上旬。その差か、フグの白子は少し小ぶりでした。
その分、前回の方がさらに美味しかったですが、充分満足。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:15 No.634  

焼き物はマナガツオの味噌焼き。味噌焼きと言っても、味噌は風味と旨味の上乗せがされているだけで、強く感じず、上品な仕上がりで、さすが京料理。
もう 2切れくらい追加したくなります。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:15 No.635  

アワビとたけのこの酢の物。柔らかく炊いてあるアワビの食感とたけのこのそれとの対比が面白い



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:15 No.636  

たけのこ炊き合わせ。フキが上品で香り高く、たけのこも走りですが、香りがしっかりしていました。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:16 No.637  

ご飯は飯蒸しと同じアナゴ寿司。今回は 5貫。
いつも同じ事を書きますが、これだけ昼食に食べたくなります。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:16 No.638  

フルーツ。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:16 No.639  

お菓子はまだ桜餅じゃなかったです。これも甘みが抑えられていて上品。
基本的に和菓子がダメな私も、味舌さんのお菓子は大好きです。

当日の予約でも充分満足。やっぱり京都に来たら、まず、ここに行きたくなります。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:17 No.640  

食事の後はバーに。いつもなら K6 なのですが、K6 で働いておられた坪倉さんが独立されたので、そちらへ。
バーの中には坪庭があり、暖炉の炎が何ともいえない雰囲気を醸し出しています。カウンターとテーブル席少しの小さなお店ですが、雰囲気は素晴らしいものがあります。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:18 No.641  

まずはグラスシャンパンで咽を潤してシガーに火をつけます。一本目は、ロッキングチェアで購入。ボリバーのロイヤルコロナス。ロブストサイズです。で、シガーにあわせる酒を。
まずは、バレーのヴィンテージポート 1970 です。かなり熟成されたポート。甘みはだいぶ少なくなっていますが、上品でライトなイメージ。昔、K6 で飲んだ、ゴンザレスビアス 1963となんとなく似ています。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:18 No.642  

ついで、モヒートというラムとブラウンシュガーとミントを炭酸で割ったカクテルを飲みました。家で自分で作るのとは大違いで、大変美味しい。
同行したエディーさんはキングスバリーというボトラーズのストラスアイラ。
京都の酒屋さんが 1樽購入し、販売したもので、ラベルの一番上に”KYOTO”の文字があります。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:19 No.643  

次いでラム。
ラ・フェイバリットというボトラーズ?のマルチニックのラム。30年熟成されたラムが中心だそうで、マルチニックとは思えない濃い色合い。鋭角で香り高いことが多いマルチニックにあって、その色合いと同じく、ほのかに甘みを感じさせ、角が取れて非常に上品で美味しいラムでした。ショット¥2000 程度なので、かなりお値打ち。当然、香りはマルチニックらしい陶然とさせるもの。
この辺からシガーを持参したベガス・ロバイナ ユニコス に。



Re: 春の味舌さんへ Sivaji - 2009/03/29(Sun) 14:19 No.644  

この後、シナモンのリキュールを。主にカクテルで使われるとのことですが、これは大変美味しいリキュール。シガーとよくあいます。
最後はアイリッシュミストを。少しライトなドランビュイという感じ。これは見つけたら自分でもかってみようかなと思うリキュール。手に入れやすいでしょうし。(先のシナモンのリキュールはなかなか手に入りそうにありませんから)

さて、雰囲気はいいし、お酒も色々そろっていて、K6 と似た感じで使えるバーです。ただし、坪倉さんともう一人若い方だけでされているので、料理などはありません。なので、あくまで純然たるバーとしての利用が望ましいと思います。
今後、余裕があるときは、k6 からここへ、はしごするようになると思いますし、余裕が無いときはうまく、使い分けて利用するバーになると思います。
この日は日帰りなので、ここから帰宅。ラーメンは食べられませんでした。

そろそろ花見の季節。また、桜が咲くころに、京都に来たいものです。



自分の当日誕生会 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/03/18(Wed) 20:50 No.615  

少し前、自分のとりあえずの誕生会を当日にカサレッチョでしてもらいました。
正式なものは、別の機会と言う事で。

この日はミモザではなく、最初のワインをスプマンテにして乾杯。
まずは定番の生ハム。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 20:51 No.616  

前菜盛り合わせ。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 20:51 No.617  

これも定番のニンニクサラダ。
ここのルッコラは本当に美味しい。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 20:52 No.618  

大好物のサーモンのマリネ。これも定番。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 20:53 No.619  

父がオーダーしたエビのソテー。
ブラックタイガーなので、活車海老ほどの味はありません。
やはり素材は大事ですね。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 20:55 No.620  

エビとはうってかわって、素材が素晴らしいスズキのロースト。
カサレッチョでスズキのローストがあれば、ぜひ、オーダーすることを推奨します。
本当に美味しい。
ただし、分量もかなりあるので、一人では厳しい。
色々食べ分けることを考えると、4人は必要。

白ワインは定番のヴェルデッキオ。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 20:56 No.621  

これも大好きなトリュフのクリームパスタ。
今回はフリッジーニという長いフリッジ。
イタリアから送られてくるトリュフはいつも、香り高い。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 21:00 No.622  

エディーさん大好物のミートソース。
パスタはパッケリのような太さのリガトーニで。

赤はガティナラ。久しぶり。
少し柔らかくなっている。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 21:02 No.623  

定番のトリッパ。
最近、カサレッチョは、また肉料理が弱い。
そこは残念。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 21:03 No.624  

チキン・カチャトーラ。
普通のカチャトーラはトマト風味だけど、カサレッチョのはオイルマリネしてソテーしたもので、かなりオイリーでリッチ。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 21:05 No.625  

特に予約のときに誕生会だといっていなかったのに、乾杯のときの些細な会話からホール担当のヒロミさんが、急遽ケーキを作ってくださいました。
こういった気遣いはうれしい。
ま、常連だからかもしれませんが。

当日にお祝いしてもらうのは久しぶりのこと。
本当にうれしかったです。



Re: 自分の当日誕生会 Sivaji - 2009/03/18(Wed) 21:06 No.626  

帰宅後はボリバーのインメネンスと、シングルモルト、デラマン・ベネラブル、マルチニック・ラム、ポートを。
楽しかったです。



松葉寿司 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/02/22(Sun) 10:45 No.604  

二月の頭に伺った松葉寿司さん。
板長の方が体調を崩されていて不在だったのが少し残念。
しかし、さほどいつもとは変わらない感じでした。
まずはこれを食べるために来る、トロの造りから。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:47 No.606  

同行のエディーさんにはシマアジ味の造り。
これも定番です。
私の酒は菊姫山廃吟醸。
エディーさんは寒椿。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:48 No.607  

カンパチ。
背の部分しかなかったそうで、すこし残念。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:49 No.608  

サバの造り。
サバは個人的には締めたものの方が好みです。
根つきのサバの刺身は美味しいという話ですが、どうなのでしょう。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:50 No.609  

アカガイの造り。
殻の部分に何かの目、みたいなものがついています。
ちょっと不気味。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:51 No.610  

ヨコワのタタキ。
前回も食べましたが、カツオに比べるとパンチに欠けます。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:52 No.611  

あてでもらったとこぶし。
とこぶしも鮑も火を通した方が美味しいです。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:52 No.612  

たらの白子。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:54 No.613  

ウニの握り。
海苔で巻くとウニの風味を損ねるので、いつもは軍艦にせず出してもらうのですが、
イカを海苔の代わりにしても美味しいと言う事で、出してもらったものです。
なかなか美味しい。



Re: 松葉寿司 Sivaji - 2009/02/22(Sun) 10:55 No.614  

ダイエットのせいか、小食になり、馬刺しなどが食べられませんでした。
帰宅後はパンチパンチとユニコスを吸って、
シングルモルト、ポート、そして、久しぶりに購入したデラマンのベネラブルを。
やっぱり、このコニャックは美味しい。



4ヶ月ぶりのカサレッチョ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/02/01(Sun) 09:35 No.584  

9月の末に行って以来、4ヶ月も行けなかったレッチョ。
前回の分は撮影したがファイルが行方不明で掲載できずじまいでしたので、
掲載となると8月頭の記事以来となります。
今までこれだけ長い間行かなかったこともなかったです。
その間、ダイエットしてたのが最大の要因ですが。
いつもどおりミモザでスタート。
最初はちょこっと一品からレンズマメの煮込み。
ミートソースのような感じで、豆が美味しい。
ランティーユは好きな食材ですが、自分では使うことはないのでありがたい。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:36 No.585  

定番、生ハムとモッツァレラ。
久しぶりに美味しい生ハムとモッツァレラを食べました。
白はいつもどおりヴェルデッキオ。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:36 No.586  

カキのオーブン焼き。
オーブン焼きとなっていますが、火は軽く、カキが温まる程度。
ほんのり甘味が出て美味しい。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:36 No.587  

ニンニクとアンチョビのサラダ。
箸休め。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:37 No.588  

ミートソースのリガトーニ。
いつもあるとは限らないミートソース。
同行したエディーさんの好物で、入店した時、ファブリッツィオ氏から、
「今日はミートソースあるよ!」と一声が。
馬鹿でかいサイズのリガトーニで頂きます。
大きさ的にはパッケリ。しかし、溝があるのでリガトーニだとか。
(袋にもリガトーニと書いてあるらしい。)
よく見る、ペンネと似たサイズのものとは感覚が違います。
いつもながら、しっかりとした美味いのあるミートソースでした。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:37 No.589  

キノコとポルチーニのリガトーニ
エディーさんのお奨め。オイル系のキノコとポルチーニの香りのするリガトーニ。
ただ私的には、定番のトリュフのクリームパスタの方が好み。
リガトーニが二つ続いたのもオーダーミスでした。(パスタを変えてもらうべきだった)



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:38 No.590  

トリッパ。
これがあると嬉しい。久しぶりでした。
この日は前菜ではなくメインで。
赤はバンフィーのブルネロ・ディ・モンタルチーノ ¥13000前後。
先日、徳岡の経営するワインショップで小売¥10000 でしたから、このワインの値付けは安い。
お買い得です。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:38 No.591  

メインはオーダーした鹿肉の煮込みがなく、仕方なく豚肩ロースのピザ職人風に仔羊のローストを一本つけてもらいました。
豚はまあ、なんということはない。ワインに負けてしまいました。
仔羊もある程度焼いてあるものを暖めなおした感じで、火が入りすぎ。
少し残念。
また、仔牛のトリュフソースを復活させてもらいたい。

今回はスズキのローストがあったのですが、三人では食べきれそうになくスルー。
本当はこれが食べたかった。
ダイエットのせいか、多少、食が細くなり、オーダーする皿数が減ったような気がします。
そういう意味で、少し楽しめなかった感じ。
しかしお店はこの日も満員。よく流行っています。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:39 No.592  

一つ投稿し忘れ。
これも定番のサーモン。



Re: 4ヶ月ぶりのカサレッチョ Sivaji - 2009/02/01(Sun) 09:40 No.593  

帰宅後はパンチパンチ、パンチのアジア限定リミテッドを吸い、シングルモルトとグランマニエ・アニバーサリー、そしてグラハム 70を。



年末、仕事の打ち上げに松葉へ 投稿者:Sivaji 投稿日:2009/01/05(Mon) 14:17 No.561  

年末商戦の打ち上げにエディーさんと松葉へ。
まずはいつもどおり大トロの造りから始めました。
いつもどおりの美味さ。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:18 No.562  

次いでシマアジ。白身では一番の好物。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:18 No.563  

焼きフグ。ニンニクを使っているので少し変わった味。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:18 No.564  

フグ白子焼き。
まだあまり大きく育っていないが、フグの白子は白子の王様。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:19 No.565  

焼きタコ。
歯ごたえが楽しい。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:20 No.566  

鯛の松皮造り。
皮の美味さが楽しめる。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:20 No.567  

サザエの造り。
壷焼きにするか、造りにするか、悩んだけど、焼き物を数品食べていたので造りに。
ほのかな苦味と歯ざわり。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:20 No.568  

ナマコの酢の物。
ナマコはやはり海鼠腸、コノコの方が好み。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:20 No.569  

踊り。
活け車海老の造り。焼き物、揚げ物、造りと汎用性の高いエビ。
加熱したときとは違う甘さと食感。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:21 No.570  

タラ白子。
かるく茹でて加熱したタラの白子。
フグより魚の風味を感じるが、これもまた美味しいもの。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:21 No.571  

ヒラメ薄造り
白身の定番。やはり縁側が美味しい。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:22 No.572  

中トロ
もう一度トロが食べたくて今度は中トロを。
大トロとは違った美味さ。脂は少ないが全体のバランスがよい。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:22 No.573  

ヨコワのタタキ
カツオほど香りはなく、淡白。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:22 No.574  

赤貝の造り
貝としてはトリガイより鮮烈さで劣りますが、貝の風味はしっかりしていて楽しめます。

この後は、穴子、コハダ、トロなどを握りで。



Re: 年末、仕事の打ち上げに松葉へ Sivaji - 2009/01/05(Mon) 14:22 No.575  

帰宅後はパルタガスの 8-9-8 バーニッシュをシングルモルト、マルチニックのラムなどを。
2008年、最後の外食となりました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso

edit by SINFONIA の世界